Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 本日からガソリンの名称変更、欧州共通に
本日10月12日から給油所で販売される燃料の名称が変わる。新しい名前はEU加盟国とアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン、マセドニア、セルビア、スイスそしてトルコでも使用されるようになり、どこに行っても名称で戸惑うことがなくなる。

ガソリンはE。これにバイオ・エタノール含有分である5あるいは10という数字がつく。ディーゼルはB7。これはディーゼルに7%のバイオ燃料が含まれていることを示す。LPGは現状のまま。

オランダでも今日から4000軒の給油所のタンクに新しいステッカーが貼られるが、旧名称もついているので間違えることはないはず。
バイオ・エタノール5%含有のE5はこれまでのEuro95。Euro95には2005年から5%のエタノールが混ぜられている。2020年までにEU規定で最低10%のエタノール含有が義務付けられ、E10が主流となる。ただ2000年前に製造された車にはこのE10は要注意だ。エタノール(アルコール)は金属やプラスチックに悪影響を与えるため、古い車では使用しないほうがいいという。

ドイツ、フランスそしてベルギーのガソリンスタンドではE10が主流となっており、E5/Euro95は消え去りつつある。しかしオランダではまだE10の使用は義務付けられていない。おそらく2020年をめどにE10が主流となる。EUのバイオエタノールの含有義務は、温暖化ガスの排出削減を目的としている。


2018-10-12

関連記事

オランダ全土でガソリン不足が目立っており、給油ができないスタンドも増えている。ガ... 続きを読む ▶
オランダでは安い無人のガソリンスタンドが増加するなか、有人のガソリンスタンドは苦... 続きを読む ▶
原油価格はかなり下降したが、オランダ国内でのガソリン価格はほとんど下がらない。7... 続きを読む ▶
高速道路沿いにあるガソリンスタンドは他のスタンドより高価格であるため自家用車利用... 続きを読む ▶