Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News コンセルトヘボウ・オーケストラの指揮者ガッティ氏、20年前の性的嫌がらせで解任に
世界最高峰レベルのオーケストラであるオランダのコンセルトヘボウ・オーケストラの主任指揮者ダニエレ・ガッティ氏が8月2日解任された。解任の引き金となったのは、先週米国のワシントン・ポスト紙に掲載された「クラシック音楽界、楽屋の闇」という記事。ガッティ氏がコンセルトヘボウ・オーケストラ就任するよりずいぶん前の1996年から2000年までの間に「不適切な」行動を行ったという報道である。ガッティ氏は2016年からオランダで主任指揮者として活動している。

オーケストラのメンバーやスタッフそして国内外の関係者は、ガッティ氏に対する非難と同氏の反論に動揺した。さらに、ワシントン・ポスト紙での告発後に、複数の女性ミュージシャンからガッティ氏との不適切な関係を告発する報告が相次いだ。新聞記事と告発によってこのイタリア人指揮者ガッティ氏への信頼は崩れ去り、オーケストラとしてもこのまま同氏を庇護するわけにはいかなくなった。今後予定されているガッティ氏によるコンサートは他の指揮者が代行する。

ワシントン・ポストの記事によれば、24歳のソプラノシンガーであったアリシア・バーネシェが1996年にガッティ氏による性的嫌がらせを受けたという。また他のソプラノ歌手ジャン・ミッシェル・シャルボネもボローニャにて同様な嫌がらせを受けたと書いている。どちらの歌手も当時は解雇を恐れて告発できなかったという。この記事に対しガッティ氏は見に覚えのない告発に驚いているとコメントしている。ただ、もし自分が誰かを傷つけたとしたら、それについては深謝する、と述べている。


2018-08-02

関連記事

26日木曜日夜からアムステルダムのコンセルトヘボウで開催されていたテクノ・パーテ... 続きを読む ▶
6月7日(日)にアムステルダムのコンセルトヘボウで京都市交響楽団が公演します。広... 続きを読む ▶
ロンドンを拠点に世界で活躍するピアニスト・作曲家の平井元喜さんが、アムステルダム... 続きを読む ▶
世界で活躍中の日本人チェンバロ奏者である天野乃里子氏が、アムステルダムのコンセル... 続きを読む ▶