Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの企業、シリアに化学兵器原料となるアセトンを大量輸出
検察はロッテルダムにある化学製品の卸売会社が違法にアセトンをシリアに輸出していたと火曜日発表した。アセトンは化学兵器製造の原料になる。

ベルギー税関からの報告に基づき、税関と国税は4月にこの企業を捜査している。報告によれば、この企業は許可無しで20万リットルのアセトンをシリアに送っていたという。おそらくシリアへはロシア経由で輸出されている。過去にもこの企業は検察は同様な嫌疑で捜査されている。2016年11月に38,400リットルのアセトンを販売しアントワープ港経由でシリアへ輸送していたという容疑だが、企業名は発表されておらず、検挙者もまだいない。

EUは許可なしでシリアへ輸出するのを禁止している物資のリストを作成している。リストは「シリア政府による深刻な人権侵害」に関する物資で、アセトンもこれに含まれている。今年の5月にも毒ガスの原料となるグリコールが大量にオランダからシリアへ輸出されているのが発覚している。

2018-06-13

関連記事

シリアの戦火を逃れてオランダにやってきたのは難民だけではない。月曜日午後、シリア... 続きを読む ▶
2014年から2016年の半ばにかけてオランダに入国したシリアからの難民のほぼ全... 続きを読む ▶
オランダのニュース番組である「ニュースアワー(Nieuwsuur)」が、シリアの... 続きを読む ▶
オランダ外相クーンデルス氏(労働党)は、イスラム国(IS)支配地に地上部隊を送る... 続きを読む ▶
ロシア軍が積極的にシリア内戦に介入している状況下、オランダもシリア内戦とアサド大... 続きを読む ▶
22日,外務省は広域情報「シリア邦人拘束事案を受けた注意喚起」を発出しました。 続きを読む ▶
シリア中部ホムスで7日、政府軍による包囲が続く旧市街にとどまり続けたことで知られ... 続きを読む ▶