Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News クリント・イーストウッド監督、アムステルダムで映画撮影
2015年、アムステルダムからパリに向かう高速列車タリスの中で、3人のアメリカ人がテロリストを捕まえた事件はまだ記憶に新しい。軍に所属するアメリカ人3人が、カラシニコフ銃と自動小銃を携帯していた男と格闘の末、男を捕らえるという危機一髪の事件だった。この事件を元にした映画「15:17 to Paris」(15時17分発パリ行)が、クリント・イーストウッド監督のもとで製作されている。

アムステルダム中央駅のタリスが発着する15番ホームに、28日クリント・イーストウッド監督とフィルムクルーが撮影しているのが目撃されている。オランダのテレビ局AT5プロデューサーに確認したところ、今月末にアムステルダムでの撮影が予定されていたということで、この情報は確かなようだ。

このところアムステルダムがハリウッド映画で使われることが多い。アクション映画「ヒットマンのボディガード」は運河で撮影されているし、2014年にも「きっと星のせいじゃない」も同様だ。古いものでは、2004年のジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンなどが出演した「オーシャンズ12」。これもアムステルダムの各地で撮影されている。
2017-08-29

関連記事

アムステルダム中央駅にポップアップ・ストアが並ぶ新しい通路が9月7日に正式オープ... 続きを読む ▶
1.10日、アムステルダム中央駅前広場において、駐車禁止場所に停車中であった車両... 続きを読む ▶
10日土曜日の夜、アムステルダム中央駅前の歩道に車が侵入し、8名を負傷させるとい... 続きを読む ▶