Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダ、ソーシャル・ビジネス拡大
オランダではいわゆるソーシャル・ビジネスが開花している。ABNアムロ銀行の調査では、4000社から5000社が「社会的利益を追求する」ソーシャル・ビジネスを行っている。具体的には環境や貧困、労働問題などに取り組んだり、社会貢献を行う企業をさす。例えば、開発途上国のカカオ生産を援助するフェアトレードのチョコレート・メーカーである「トニー・チョコロンリー」や、労働環境や環境問題を考慮して生産された携帯電話の「フェア・フォン」そして、オーガニック食品の宅配会社「ビーボックス」などが有名だ。

これらのソーシャル・ビジネスは、利益は追求するものの、根底には社会的な貢献や環境や健康への配慮がある。ただし、ソーシャル・ビジネス企業を定義づけるのは難しい。通常の企業も最近では、ソーシャル・ビジネスを取り入れているところが多いからだ。コンサルタント企業マッキンゼーによれば、すでに6000社が関わっているという。ここで働く人は5万人から7万人と推定され、オランダ経済への貢献度も高まっている。

ABNアムロ銀行によれば、ソーシャル・ビジネス市場はまだ始まったばかりで、今後の成長が望まれる。ただし市場拡大には大規模な投資が必要だ。多くのソーシャル・ビジネス起業家にとって、資金集めが最大の課題となっている。
2017-07-20

関連記事

社会問題の解決を目的として収益事業に取り組む事業体である社会的企業(ソーシャルビ... 続きを読む ▶