ニュース

オランダ人、戦争やテロへの不安これまでにない高いレベル
昨今の国際政治の混乱や緊張で、戦争やテロの危険を感じているという人がオランダで増えている。テロに関しては不安を感じる人が2002年以来最高のレベル。戦争への危機感は2014年と同じレベルまで達している。第二次世界大戦のオランダ解放記念委員会(Nationaal Comité 4 en 5 mei)が行ったオランダの自由に関する調査(Nationaaal Vrijheidsonderzoek2017)の結果である。

昨年2016年には、10人中3人が戦争勃発の危機を懸念していると答えていたが、今年にはこれが10人中4人へと上昇している。テロに関しては10人中6人が危機感を抱いている。ただ、オランダや欧州へ押し寄せるの難民に関する恐れや心配は以前より少なくないという結果も出ている。昨年は国民の約半数が問題視していたが、今年は3人に1人へと緩和している。

5月4日はオランダがナチスドイツから解放された日で、毎年午後8時に2分間戦没者に対し黙祷を捧げるという習慣がある。この時間帯には車の運転中や列車などでの移動中でも一時停止、レストランやカフェなどの公共の場でも静止するのが一般的。調査では、オランダ人の10人中9人は黙祷するか立ち止まると答えている。また10人に6人もが、テレビやラジオあるいはインターネットで戦没者を偲ぶ式典番組を視聴する。戦後70年以上過ぎても痛ましい思い出は引き継がれているようだ。5月5日は解放記念日でお祭り。5年に1度が祭日となり企業や公的機関は休みとなるが、今年はそれに当たらない。次は2020年。


関連記事

ユトレヒトのトラム内で発砲事件、警察はテロを警戒
18日10:45ごろユトレヒトのトラム内で発砲事件があり数人が負傷した。事件が起きたのはユトレヒトのカナールアイランド地区にある24オクトーバー広場(24 OKTOBERPLEIN)付近。現在警察が捜査中だが犯人は逃走中だという。警察はテロの可能性があると調査を進めている。

当局によれば、ひとりの女性は胸を数箇所撃たれ重症。道路にも負傷して横たわる人が蘇生治療を受けている。トラムの中でも数名重傷者がいる模様で救助隊が手当をしている。

付近は現在交通閉鎖中。高速道路A12のOudenrijn付近の一車線も救急車などの通行で閉鎖されている。市内はトラムの運行はすべて中止。またユトレヒト市内の各学校は厳重警戒をするよう警察から指示されている。ユトレヒト中央駅も警戒を強化している住民には外出を控えるよう呼びかけている。
(画像はNOS)

オランダの市町村、テロ防止のためにイスラム過激派をマーク
地方自治体と安全保障当局はオランダに住む約160人のイスラム過激派を監視している。フォルクスクラント紙によれば、中でもアムステルダムでは59人、ハーグでも数10人そしてロッテルダムの38人がマークされているという。

これはテロ防止のために過激化する個人を監視し追跡するPGAと呼ばれる仕組みだ。地方自治体は2015年より司法安全省から毎年600万ユーロの予算が与えられこの監視を行っている。とくにシリアへジハードとして出向きその後オランダに帰還してきた若者がこのPGAの管下にある。またこれからシリアに向かおうとしている青年やイスラム過激派の思想を持つ者もマークされている。PGAはイスラム過激派だけでなく、極右や極左にも同様な追跡を行っている。

10月27日にアーネムなどで7名がテロ容疑で逮捕された事件で、この監視・追跡システムの存在が明るみに出た。アーネム市長は、この監視のおかげでテロを未遂に防ぐことができたと述べている。シリアへ出向いたり帰還者の数が最も多いハーグ、アムステルダム、ユトレヒト、ロッテルダム、デルフト、ズーテルメールそしてハウダ市が、この過激派監視予算の大半を受け取っている。

オランダ、テロ計画容疑で7人逮捕
オランダ警察は27日、銃や爆発物を使った大規模なテロ攻撃を計画していたとして7人の男を逮捕した。
検察によれば、逮捕されたのは21から34歳の男で、テロ攻撃のため自動小銃「AK-47」や手りゅう弾、爆発物を手に入れようとしていた。逮捕の容疑はオランダ南部ヴェールトでの移動遊園地でテロ攻撃を計画していたというもの。他の攻撃計画については検察は発表していない。

検察当局は、今回逮捕されたグループの中心人物はイラク出身の34歳だと発表。この男は2017年、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に加入するために出国しようとして有罪判決を受けていたが執行猶予中だった。検察は今年4月に情報当局から計画についての情報を得ていた。それによると、中心人物は「犠牲者が多数出ると予想されるオランダ国内の大きなイベント」を標的にしようとしていた。7人は27日午後、オランダ中部アーネムと南部ヴェールトで特別介入部隊(DSI)の対テロチームによって逮捕された。

オランダの安全司法省テロ対策調整官組織(NCTV)は、今回の逮捕は同国がテロの「現実的な」リスクに直面していることを表していると述べている。オランダのテロ警戒レベルは、5段階中2番目に高い4段階目に設定されている。

アムステルダムでは今月初め、アムステルダム中央駅で2人の米国人観光客がイスラム過激派に襲われるという事件が起きている。

アムステルダム中央駅の刺傷事件、反イスラムに抗議するテロであることが判明
8月31日にアムステルダム中央駅で起きたアフガニスタン人(19)による刺傷事件は、テロを目的にしたものであったと、オランダの検察が発表した。容疑者のジャウェッドSは、預言者モハンメド、コーラン、イスラム教そしてアラーがオランダで度重なり侮辱されていることが、犯行の引き金となったと自白している。Sは、尋問で極右政治家のウィルダース氏の名前を上げたが、同氏が企画していたモハンメドの風刺画コンテストについてはふれていない。検察によれば、容疑者は単独で犯行に及んだもので、他の組織などとの関わりは今のところ見られないという。ただし、事件の背景について捜査は続けられている。

今回の事件では警察の反応が早かったため犯行は最小限に食い止められた。アムステルダム中央駅には、スポッターと呼ばれる特殊警察官が待機しており、通行人の動向を常に観察している。容疑者Sは不審な歩き方をしていたため、事件が発生する前から目をつけていたという。Sがアメリカ人旅行者2人に切りつけたときには、同時に警察官が発砲している。警察はこの素早い行動で犠牲者数を最小限にとどめ多くの人を救ったと発表している。

アムステルダム中央駅の刺傷事件、テロの可能性
アムステルダムの中央駅で8月31日、男が近くにいた2人を刃物で刺し重傷を負わせた事件を捜査していた警察は9月2日、容疑者はドイツの在留許可証を持つアフガニスタン人(19)で、被害者2人は米国人旅行者であったと発表した。ジャウェド・Sという名のアフガニスタン人はドイツでの滞在許可を持っていた。事件の動機はまだ明らかではないが、オランダ警察はドイツ警察と連携し捜査を進めている。先日問題化した極右政治家ウィルダース氏が計画していた「ムハンマドの風刺画コンテスト」に関係するものであったかはまだわかっていない。

ドイツ警察は容疑者の家宅捜索を行ったがその結果はまだ発表されていない。オランダ警察によれば容疑者はイスラム過激派のリストには載っておらず、単独で今回の事件を起こしたとみられるという。「国家テロと安全当局」はツイッターにて「今回の事件でもテロ脅威度は以前と変わらずレベル4−5
に留まる」と発表している。