Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 盗まれたゴッホの絵画2点、ナポリで見つかる
アムステルダムのゴッホ美術館から14年前に盗まれた絵画2点が、ナポリで見つかった。絵画は2002年に盗まれ、その後イタリアのマフィアが所有していたというが、額縁からは外されているものの大きな損傷はないという。ゴッホ美術館によれば、今回の発見はイタリア警察による大掛かりで長期にわたる犯罪組織撲滅捜査の一環で、偶然に見つかったものだという。
「2002年に盗難が起きた時点ではいったいどこに絵が持ち去られたのかわからなかった。また絵画が適切に保管されているかも不明だった。」とゴッホ美術館の館長であるアクセル・ルトガー氏。

今回見つかった昨品は、「スヘーフェニンゲンからの海の眺望」(1882年)と「ヌーネンの教会から出てくる人々」(1884年)の2点で、どちらも初期の昨品である。後者はゴッホが父と母のために描いたと言われている。絵画の推定価格は1億ドル(約101億円)に達すると推計されている。 


2016-10-01

関連記事

2002年にアムステルダムのゴッホ美術館から盗まれたゴッホの絵画2点が21日美術... 続きを読む ▶
16日フィンセント・ファン・ゴッホが描いた未発表の画集がフランスで出版された。「... 続きを読む ▶
ゴッホが1888年にフランスのアルルで描いた黄色のベッドの絵は、ゴッホに興味があ... 続きを読む ▶
今週からアムステルダムのゴッホ美術館で開催される「狂気の瀬戸際(On the V... 続きを読む ▶
アムステルダムのゴッホ美術館は、国内外の美術館、官公庁、文化施設、コレクターなど... 続きを読む ▶
オランダのゴッホ美術館は、アムステルダム中央駅に近い飾り窓地区(Wallen)に... 続きを読む ▶
パリのシャルリ・エブド誌の銃撃事件(1月7日)から始まり、2015年にはイスラム... 続きを読む ▶