Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 女性同士の結婚は離婚に終わるケースが多い?
オランダは世界で初めて同性同士の結婚が認められ、女性同士、男性同士の結婚が異性同士の結婚と同じように行われ、夫婦として社会的に認められている。ところが、女性同士で結婚した場合には他の組み合わせ(男性同士、異性同士)に比べ離婚する確率がずっと高いことが、LGBTの権利団体であるオランダCOCの調査で判明した。

2005年に結婚した580の女性同士カップルは、10年後には30%が離婚しているという統計結果が出ている。男性と女性の夫婦ではこの数は18%、男性同士では15%である。女性は一度の過ちを許せないと考えがちで、ある意味で許容範囲が狭いため、これが高い離婚率につながるのではと、COCは分析している。

今からちょうど15年前の4月1日、世界で初めての同性結婚がオランダで行われた。それ以来同性結婚は増え続け、2015年にはオランダでは765組の女性同士の、そして644組の男性同士の結婚がとり行われている。結婚数が増えれば離婚数も増えるのが当然で、2011年からこのかた年間で女性同士では約200件、男性同士では約100件の離婚が登録されている。

2016-03-30

関連記事

オランダ議会は3月1日に、難民避難所で虐待に直面している同性愛者やキリスト教者な... 続きを読む ▶
2011年、ハーグの市役所の結婚式部門に勤務していた公務員ヴィム・パイル氏は、同... 続きを読む ▶
オランダの教育省は難民収容所にて同性愛者の権利について教育を行う計画である。教育... 続きを読む ▶
オランダ人権委員会は水曜日、同性愛の男性による献血を禁止するのは差別的であると発... 続きを読む ▶