Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News 子供向け飲料の砂糖含有量コーラ並み、オランダ食品監視機関警告
「オランダで売られている子供向け飲料に含まれている砂糖はコーラ並かそれ以上である」というショッキングな調査結果が、食品監視機関であるフードウォッチから発表された。フードウォッチは、アルバートハイン、ユンボ、リドルなどのスーパーマーケット5社で販売されている194種の子供向け飲料を分析調査したもの。
分析で飲料一箱には平均で角砂糖4個分である16.2グラムの砂糖が含まれていることが判明。同じ量のコーラでは角砂糖5個分の砂糖が含まれているので、ほぼ同じということになる。さらに194種類のうち4分の1の飲料はこれ以上の量の砂糖が含まれている。子供が糖分を摂り過ぎると、糖尿病や心臓病などを患う可能性があるとフードウォッチは警告している。

一番砂糖の含有量が多い子供向け飲料は、アルバートハイン、ユンボ、アルディそしてプルスのヨーグルト・ドリンクで、平均で角砂糖6個分という甘さである。「毎日、朝昼晩と飲む子供がいるが、角砂糖18個分を摂取していることになる。」砂糖の含有量が少ない飲料もあるが、たいてい他の(合成)甘味料が含まれており健康に悪い。甘味を摂り過ぎる子供は味覚が麻痺するだけでなく、生涯的に食生活が乱れることが多い。フードウォッチは国民健康省が関与すべきだとし、食品製造業者、スーパーマーケットそして飲食業者に、砂糖、塩、油の使用を減らすよう呼びかけている。



2016-02-08