Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

News オランダの難民収容所で同性愛者の権利について教育
オランダの教育省は難民収容所にて同性愛者の権利について教育を行う計画である。教育にはオランダの学校で通常使われている教材を使用する。難民の出身地である中東や北アフリカのイスラム圏では、女性の地位が必ずしも尊重されていないが、同性愛者にいたっては差別されたり迫害される場合が多々ある。オランダにやってきた難民の中でも収容所で同性愛者に対するいじめや暴力が発生しており、この対策として教育プログラムが計画されたもの。教育省のブスマーカー大臣は、オランダそして西欧諸国では性的マイノリティに対する差別や迫害は許されていないことを教育し、しっかりと身につけてもらうことが目的であるとコメントしている。教育の方法は、授業や話し合いなどが中心だが、収容所ごとにプログラムを決定することができる。たとえば、ゲイの難民とオランダのLGBT(性のマイノリティ者)グループとの接触なども計画されている。

2015年末にアムステルダムの収容所で起きた男性同性愛者に対する嫌がらせ事件では、グループを別のアパートに移すという措置が取られたが、同じような事件がおきたハーグではこの措置を断固として反対してきた。
隔離するのが解決策ではなく、同性愛者などのマイノリティに対する差別や嫌がらせが許されないことを、難民のあいだで徹底すべきというのが政府の方針である。
2016-01-25

関連記事

アムステルダム市では、逼迫する教員不足に対応するためにシリアやトルコからの難民を... 続きを読む ▶
オランダ中央統計局(CBS)の調査によれば77%のオランダ人は難民を受け入れるべ... 続きを読む ▶
アムステルダム南東部にあるベイルマーバイエスと呼ばれる高層刑務所ビル群は、将来的... 続きを読む ▶
難民申請者に犯罪者が混ざっているという懸念がオランダの国民の間で広まっている。警... 続きを読む ▶
2014年から2016年の半ばにかけてオランダに入国したシリアからの難民のほぼ全... 続きを読む ▶
ハーグ市役所は50名の難民を雇用することを決定した。市は民間企業もこれに倣うこと... 続きを読む ▶
オランダで開設が計画されている難民センターの3分の2はおそらく不要になりそうだ。... 続きを読む ▶