Portfolio Bazaar

ポートフォリオ・バザール©

各種生活情報、求人情報、物品の販売、広告、各種案内の掲載などの場所をご提供いたします。

1 日本語をアートを通して学ぶワークショップ
  【オノマトペを集めて作ってみよう!!】
  2017年11月5日(日)15:00-17:00
  講師:金谷彩子(かなやあやこ)先生
  対象年齢:3歳〜(大人の参加も大歓迎です)
  参加費:10ユーロ
  詳しくは → http://himawari-utrecht.nl/event/
  

2 音作りを日本語で楽しむワークショップ
  【音楽をつくる(システム編)】
  2017年12月10日(日) 15:00-16:00
  講師:小山 和音(こやまかずね)先生
  参加費:6ユーロ
  詳しくは → http://himawari-utrecht.nl/event/
続きを読む ▶
2011年に東日本大震災復興支援のためのチャリティーマッチ「アヤックス 対 清水エスパルス」を共催させて頂いたご縁から被災地にボランティア活動に行く機会を頂き、大好きな母国・日本にて目の前に広がったあまりに衝撃的だった悲しい景色から継続的な支援をしたいという気持ちが芽生え、翌年の2012年に同じく東日本大震災復興支援として主催をさせて頂いた天平チャリティーコンサートから早5年。

5年前にもお越し頂き、その後更なるパワーアップを遂げられた、自身も阪神淡路大震災で被災された経験を持つコンポーザーピアニスト・中村天平氏。
更には、現在ハンガリーでコンサートマスターとして活躍されているバイオリニストの長尾春花さんを特別ゲストにお迎えして、11月26日(日)15時より世界的に有名なコンサートホール「Concertgebouw Amsterdam」の小ホールにて、今回は熊本地震復興支援としてチャリティーコンサートを開催をさせて頂きます。

同コンサートでの収益金は、必要経費を除いた全額を日本赤十字社を介して被災された方々へ寄付させて頂きます。


タイトル: 続きを読む ▶
ピアノであこがれの曲を弾いてみませんか?

・子供ピアノコース(初級・中級・上級)
・大人ピアノコース(初級・中級・上級)

ピアノを全く習ったことのない方でも安心して初めていただけます。経験者、上級者も歓迎です。
ピアノは習い事として最適です。指を動かすことで脳の活性化につながり、集中力も高まります。
アムステルダムとアムステルフェーンへの出張レッスンをしています。ご自宅で、リラックスしてレッスンを受けていただけます。(ピアノがまだご自宅にない方はご相談ください。)

詳細、日時、費用等お気軽にご相談ください。
Joy of Piano ピアノ教室
joyofpiano.h@gmail.com
06-4655-4996
www.joyofpiano.org 続きを読む ▶
10月に生け花と華文字の展覧会が開催される。
日時:
2017年 
10月28日(土)11:00~17:00
10月29日(日)12:30~17:00

会場:
囲碁センター 2階
Schokland 14 1181 HV Amstelveen

生け花 実演 10月28日 13:00~14:00






続きを読む ▶
オランダ滞在中に現地の方とボランティアを通して交流し、素敵なオランダの思い出を作りませんか?日本語で会話します。JWCでは毎月第1、第3金曜日に”日本語会話”を行なっております。

10月オープンデー開催!!
日時:2017年10月6日(金)10:30−12:30(受付10:15〜)
場所:EGCC (囲碁会館)JCCルーム アムステルフェーン
参加費:オープンデー参加無料(ドリンク代€2程度別途必須)
事前申し込み不要。当日会場にお越しください。

問い合わせ:jwcnihongokaiwa@gmail.com






続きを読む ▶
●9月1日(金)から9月4日(月)頃までは、イスラム教の犠牲祭に当たります。
●この期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は、最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 9月1日(金)から9月4日(月)頃までは、イスラム教の犠牲祭(イード・アル=アドハー、一部の地域ではクルバンやタバスキとも言われます。)に当たります。
犠牲祭は、イスラム教徒によるサウジアラビアの聖地メッカへの大巡礼が終わりを迎えるイスラム暦12月10日から3-4日間行われ(今年は9月1日~4日)、この間、イスラム圏の国々では休日となります。
また、欧米諸国等の非イスラム圏においても、イスラム教徒が多数居住する地区等では、犠牲祭にかかわる宗教行事が行われることがあります。 
犠牲祭に際して、イスラム教徒は、神(アッラー)への捧げ物として、羊、牛、山羊などを屠り、貧しい人々と分け合うことが習慣となっています。

2 現在のところ、犠牲祭に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていません。
しかしながら、シリアやイラクでその支配領域を縮小させているISIL(イラク・レバ... 続きを読む ▶
夏のワークショップ最終回では、2回のワークショップに渡って日本画の基本的な全ての工程を学ぶことができます。
 前編(8月27日)では制作前の和紙張りや、胡粉(牡蠣の貝から出来た白粉)で下地作りなど本画へ入る準備。後編(9月10日)では予め用意した絵のテーマを和紙に写し、岩絵具や水干絵の具で着彩して作品を仕上げます。
 岩絵具は天然の岩を砕いた砂や、顔料を混ぜた粉末で膠(ゼラチン)と混ぜて使うもので、特有の輝きを放つ、日本画ならではの絵の具です。
 ヨーロッパでは珍しい日本画の技術を、ここオランダで体験してみてはいかがですか?6人限定の最終回、奮ってご参加ください。
詳細は http://ateliermanabu.wixsite.com/ateliermanabu/pigments

Date: 8月27日&9月10日/ 12:00~16:00 (2回で一枚の作品を制作します)
Location:Atelier MANABU (Amsterdam)
Fee : €100(include all materials, drinks&homemade cake)
Booking: ateliermanabu@gmail.com 続きを読む ▶
夏の日本画ワークショップ2回目は、金箔や銀箔を和紙に貼り、その上から岩絵具で作品を描きます。
 日本画では古くから襖絵や障壁画に多く使われ、現在でも代表的な画材として大切な役割でもある箔。その種類や技法は様々で金や銀をはじめプラチナやアルミ、銅などを直接貼ったり加工したりして使います。また、日本画で画面に箔を貼ることを箔押しと言い、箔押しの前に「あかうつし」(人の垢を利用して紙に箔を写すことからきた言葉)をして、箔を脂で別の紙に写したものを本画に貼ります。
 今回のワークショップでは、11x22cmの和紙に「あかうつし」をした金銀箔をはり、その上から岩絵具で作品を描きます。(金箔か銀箔のどちらかお選びください。)
 日本でも稀な「箔実習」をここ、オランダで体験することができます。この機会に是非、箔の美しさに触れてみてはいかがですか?
Date: 7月30日(日)
Location: Atelier MANABU
      Koningin Wilhelminaplein 176, Amsterdam
Time: 12:00〜16:00 (4 hours)
Fee: €60(全ての材料、飲み物、自家製ケーキ付き... 続きを読む ▶
6月23日より9月3日まで『東北ガールズ』と題してこけし展を開催いたします。第一週末の24日、25日には、宮城県は蔵王遠刈田の木地師佐藤康広さんが描彩の実演を見せてくださいます。両日とも時間は14時から16時までです。どうぞ奮ってご参加ください。また、この機会にシーボルトハウスが佐藤さんに特注した珍しい描彩こけしも販売しております。数に限りがありますので、お早めにどうぞ!












続きを読む ▶
Dutch Accounting House

Company profile:
Established in 1994, Dutch Accounting House has its headquarters in Helmond and further offices in Amsterdam and Delft. Our main scope of business includes incorporation of new entity, all-round accountancy and financial administration, all-round tax consultancy, complete salary administration, human resources management, expat services, and consulting services.

To meet the expanding demand of our international customers, we are seeking an enthusiastic accountant for our office in Amsterdam. 続きを読む ▶
1.10日、アムステルダム中央駅前広場において、駐車禁止場所に停車中であった車両に、警戒中の警察官が近づいたところ、同車両が突然発進し、付近の歩行者5名をはねて、壁に激突した事件が発生しました。なお、運転していた者は既に警察に拘束されています。
 
2.現在、本事件がテロであるか否かについても含め、詳細は確認中のところですが、昨今、自動車を凶器としたテロ行為が世界各地で発生しており、皆様におかれましては、大勢の人が集まる繁華街やイベント会場等においては、特に周囲の状況に注意を払い、不審者・不審物を見かけた場合には直ちにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。
 また、万が一不測の事態が発生した場合に備え、家族や所属企業に行動予定を知らせておいたり、緊急時の連絡手段を確保するなど、適切な安全対策をとれるよう心がけてください。

**************************************

            発行 : 在オランダ日本国大使館
            consul@hg.mofa.go.jp 続きを読む ▶
この度JCCでは講演会「命のビザ、遥かなる旅路 ~ 杉原千畝を陰で支えた日本人たちとユダヤ人たちのその後 ~」を以下のように開催いたします。
第二次世界大戦の混乱の中、リトアニアを舞台に「人道的支援」の名の元、欧州各地を追われたユダヤ人救済において日蘭協力があったことをご存知ですか?  
現在オランダにお住まいの皆様には大変興味深い内容と存じますのでご家族、ご友人、ご同僚などとお誘いあわせの上奮ってご参加ください。

· 日時:6月26日(月)17時半~18時半(受付開始17時)
· 会場:囲碁会館(Schokland 14, 1181 HV Amstelveen)
· 講師:北出明氏(プロフィールは下記参照ください)
· プログラム

o ドキュメンタリービデオ上映(15分)
o 講演とQ&A(45分)

· 申込方法:JCCホームページhttp://www.jcc-h... 続きを読む ▶
●5月27日(土)頃から6月27日(火)頃は、イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●近年、ラマダン期間中に多数のテロが発生しています。
最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。
情報収集には「たびレジ」を活用してください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は、イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。
ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃)、イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
(※)ラマダン月の開始は目視による月齢観測に依拠するため、上記日程は直前に変更されることがあります。

2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は、2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。 続きを読む ▶
「G7サミット安全対策に伴うイタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理に関する注意喚起」


【ポイント】
●イタリア国家警察は、G7タオルミーナ・サミットの安全対策の一環として、5月10日から、5月30日24時まで、イタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。
●同期間において、空路のみならず、車、列車、船等でイタリアに出入国する場合には、必ず旅券を携行してください。

(内容)
1 4日、イタリア国家警察は、G7タオルミーナ・サミットの安全対策の一環として、イタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。

(注):シェンゲン協定とは、シェンゲン協定加盟国の域外から同加盟国域内に入る場合、最初に入域する国において入国審査が行われ、その後のシェンゲン協定域内の移動にお... 続きを読む ▶
【ポイント】
○4月7日、スウェーデンでトラック突入テロが発生し、8日には、ノルウェーで爆弾らしき不審物が発見されています。
○これまでにあまりテロ事件が発生していなかった国においても、テロに対する注意が必要です。
また、4月中旬のイースター期間には、関連行事や教会等がテロの標的となる可能性も懸念されます。
○最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。
情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】
1.欧州では、車両や銃器、爆弾、ナイフなどを用いたテロ等が続発しています。
特に今月に入ってからは、以下のとおり発生が続いています。これらは、近年テロ事件が発生していない国又は都市です。
これまでに事件が発生した国はもちろんのこと、それ以外の国でも注意が必要であり、改めて、いつどこでテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。
また、4月中旬にキリスト教行事であるイースター期間を迎え、関連行事や教会等がテロ... 続きを読む ▶
昨年のジャパンフェスティバルで歌った日本人コーラス「空」は毎月の第2,4、金曜日の午後にアムステルフェーンの囲碁会館で練習しています。

歌がお好きな方、是非お気軽にご参加ください。

3月11日にはアムステルダムのhuis de pinto で開催された"Amsterdam herdenkt Fukushima"でも日本の童謡、クラシックと「花は咲く」も歌わせて頂きました。
5月19日にはオランダで有名な俳優、シャンソン歌手のRamses Shaffyの終の棲家
老人ホーム、アムステルダムの Dr. Sarphatihuis でも歌わせていただきました。
今は10月8日アムステルフェーン市で開催予定のジャパンフェスティバルに向けて練習中です。

練習日時:第2金曜日は13時30分から、第4金曜日は14.00時に始まります。
場所:囲碁会館 D室(JCCルーム) 続きを読む ▶



「外務省海外安全HPなりすましメールにご注意ください!」


最近、外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」を装った不審なメールが配信されているとの情報が寄せられています。
不審なメールは、本文に外務省海外安全ホームページを装ったリンクが貼り付けられており、発信元がフリーメールアドレスとなっております。

外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」は平成28年12月31日をもって終了しております。

このような不審メールをはじめ、発信元や内容に心当たりのないメールを受信された方々におかれましては、リンクを決してクリックすることなく、直ちにメールごと削除されるようお願いいたします。
続きを読む ▶
【ポイント】
○欧州では,これまでにテロが発生していない国でも,警戒する必要があります。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には安全確保に注意し,在留届の提出や「たびレジ」の登録を必ず実施してください。

【本文】
1.欧州では,フランス,ベルギー,ドイツなどでテロ等が続発していますが,それらの周辺国でも注意が必要です。
12月19日,ドイツ・ベルリンのクリスマス・マーケットに車両が突入した事件では,実行犯が隣国イタリアに逃走しました。その他の事件でも,テロが発生した国の周辺国で,テロの共犯者や拠点が摘発されています。こうしたことを踏まえ,これまでテロが発生していない国であっても,いつテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。
(注)最近の主なテロ等(以下,すべて現地時間)
【2015年】
○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った連続テロ事件(11月13日)
【2016年】 続きを読む ▶
【ポイント】
●12月20日(日本時間),ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し、少なくとも9名が死亡、50名以上が負傷したと報じられています。
●ベルリンをはじめドイツに渡航・滞在される方は、こうした事態に巻き込まれないよう、具体的に以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(観光施設、レストラン、ホテル、ショッピングモール、スーパーマーケット等人が多く集まる施設、教会等宗教関係施設、公共交通機関、政府関連施設(特に軍、警察、治安関係施設)等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払う。
(3)クリスマスマーケットについては特に警戒する。

☆詳細については、下記の内容をよくお読み下さい。

1 12月20日(日本時間)、ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し、9名が死亡、5... 続きを読む ▶
シェンゲン協定域外から域内に入る場合、最初に入域する国において入国審査が行われ、その後のシェンゲン協定域内の移動においては原則として入国審査が行われません。

 しかし最近、ドイツ以外のシェンゲン協定域内国に長期滞在を目的として渡航した邦人が、経由地であるドイツで入国審査を受ける際に入国管理当局から、最終滞在予定国の有効な滞在許可証、ドイツ滞在法第4条のカテゴリーD査証(注)、又は同D査証に相当する滞在予定国の長期滞在査証の提示を求められ、これを所持していないために入国を拒否される事例が発生しております。
 このため、現地に到着してから滞在許可証を取得することを予定している場合には、注意が必要です。

 なお、ドイツ以外の国では同様の事例は発生しておりませんが、シェンゲン協定域内国での長期滞在を目的に渡航する場合には、滞在国及び経由国の入国審査、滞在許可制度の詳細につき、各国の政府観光局、我が国に存在する各国の大使館等に問い合わせるなどし、事前に確認するようにしてください。

(注)ドイツ滞在法第4条カテゴリーD査証:ナショナル・ビザ
 ドイツに3か月以上長期滞在する場合のビザ。同ビザ保有により、ビザの発行目的によ... 続きを読む ▶