Portfolio News

オランダニュース

News タバコ会社、タバコを常習性にする添加物を混ぜる
2011-07-18 10:17 (月曜日)
ネーダランス・ダハブラッド紙の報道によれば、オランダのタバコ企業はタバコの中に習慣性(ニコチン中毒)にする材料を入れているという。世界保健機関(WHO)によるガイドラインはまだオランダでは法定化していない。

問題はWHOのガイドラインが不明瞭であること。タバコを美味しく感じさせたり、常習にさせる添加物をきちんと定義していない。タバコに入れる添加物は数千種あり、オランダの健康環境研究所(RIVM)は各タバコについて調査している。しかしながら、未だにどの添加物も禁止されていないというのが現状。

タバコにはグリセリン、カカオ、砂糖、ドロップ、メンソール、バニラなどが添加されている。さらに、煙を青っぽくし、腸の活動を活発化させ、空腹を忘れさすような添加物も加えている。添加物はタバコ全体の重量の10%を占めている。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。