Portfolio News

オランダニュース

News オランダ、安楽死クリニックもうすぐ開設
2011-01-22 21:10 (土曜日)
先週フォルクスクラント紙は「オランダは安楽死クリニックオープンの時期にさしかかる」という表題の記事を載せている。この記事で、「オランダ死の権利協会(NVVE」)は、人生を自分で終にするための幇助を受けられるクリニックを開設する時期に来ているという見解を発表した。オランダでは安楽死が非常に厳しいルールのもと許可されている。しかし、NVVEによれば病気や絶望に苦しむ人達の多くが幇助を得られないでいるという。

医師は安楽死の要請があっても、規則に詳しくなかったり司法上の問題をおそれて、これを拒むことが多い。NVVEは、安楽死を専門とする医師の必要性を強調している。同協会によれば、このようなクリニックで働く意志のある医者や看護婦は少なくない。安楽死を申請しながら拒否される患者は絶望の淵に立たされる。受刑というリスクをとりながら苦しむ伴侶の命を止める人や、恐ろしい方法で自殺を試みる人も多い。

NVVEによれば、安楽死クリニックは毎年1000人ほどの患者を助けると見込んでいる。NVVEの構想は、患者はまず安楽死に関し綿密なコンサルティングを受け、3日間クリニックで幸せな日々を過ごしたあと静かな死を迎える。「非常にハッピーなクリニックとなるはず」と同協会。

しかしながら医師協会KNMGは安楽死クリニックは合法ではあるが、必ずしも適切ではないとの見解を述べている。例えば自殺願望者などにはこのクリニックは解決策となならないし、精神病者にもそぐわないとしている。

スイスでは12年前から同様なクリニックが設立され、スイス人のみならず外国人も受け入れている。
この記事に関してツイートする

ポートフォリオの記事へのコメントやご感想やつぶやきは、ツイッターでどうぞ。 http://twitter.com/portfolio_news その他のご質問、広告に関するお問い合わせなどは info@portfolio.nl でお受けしております。