Portfolio News

オランダニュース

News アイントホーフェン市、マリファナ農場運営計画
2008-11-22 14:31 (土曜日)
(オランダ)金曜日アルメール市で開催されたウィートトップ(Wiettop:オランダ33市の市長が集まりマリファナ問題について話し合った)で、アイントホーフェン市長ファン・ヘイゼル氏は非常にユニークな計画を発表した。同市の計画は、市がマリファナ農場を運営しここで生産された大麻をコーヒーショップに納入するというもの。これによりマリファナ流通の管理が行き届くという。この案はオランダ内閣で討議される。

オランダではコーヒーショップ自体は当局による管理が行き届いているが、大麻供給源については全くの無法地帯。現在、犯罪組織による供給が大半を占めている。アイントホーフェン市の試みは、市が供給源を管理することでこれらの犯罪組織をしめだすのが目的だという。